ホーム  各課ご案内  会計課  落とし物(遺失)・拾い物(拾得)



遺失物・拾得物とは
落とし物(遺失物)
遺失物」とはいわゆる落とし物です。持ち主が意図的に放置したり盗まれたりしたのではなく、誤って落としてしまったり置き忘れてしまったりした物品のことです。
拾い物(拾得物)
落とし物を拾った場合、その拾った物を「拾得物」といいます。必ず落とし主に返還するか、警察署などに届出をする必要があります。

落とし物をしたときは
 もしも落とし物をしてしまったら、「どうせ出てこないだろう」などとあきらめずに、警察へ落とし物の届出(遺失届)をしてください。
 せっかく拾い物として届けられても、拾い物に記名などがなく、落とし主からの届出がないばかりに返還することができないでいるものが多数あります。
 物を落とした場合は、すみやかに警察に届出をしてください。届出は、警察署、交番、駐在所ですることができます。また、電話でも受理しています。
 落とした場所が、デパートや商店など施設の中の場合は、落とした場所の管理者にも問い合わせしてください。
 落とし物の中に預貯金通帳、クレジットカード、キャッシュカード、携帯電話などが含まれている場合は、銀行、クレジット会社、携帯電話会社などの関係機関に連絡をして、使用停止の手続きをしてください。

インターネットにより遺失した旨の届出や、
落とし物情報の検索が出来ます
電子申請手続きによりインターネットで遺失した旨の届出ができます。

電子申請手続きのご案内はこちら
落とし物をインターネットで探すことができます。
※道内で拾得された物の情報が、拾得された日から3か月間公表されています。
落とし物情報(北海道警察ホームページ)はこちら(別画面で開きます)

このページのトップへ戻る
拾い物をしたときは
 落とし物を拾った場合は、落とし主に返すか、警察署などに届け出る必要があります。ただし、届け先や届けるまでの期限は、以下のとおりとなっており、落とし物を拾った場所で異なりますのでご注意願います。
道路や公園など一般の場所で拾った場合
 落とし主に返すか、最寄りの警察署や交番、駐在所に届出してください。
 拾ってから7日以内に届出するようにしてください。7日を過ぎると、お礼を受ける権利※1や拾った物に関する権利※2がなくなります。
デパート、商店、施設などで拾った場合
 落とし主に返すか、店員など施設を管理する人に届出してください。管理者は届出された物件を警察に届け出ることになっています。
 拾ってから24時間以内に届出するようにしてください。24時間を過ぎると、お礼を受ける権利※1や拾った物に関する権利※2がなくなります。
※1 お礼を受ける権利(報労金)
 落とし主が見つかった場合に、拾った物件の価値の5%から20%の間で、落とし主からお礼を受けることが出来ます。
※2 拾った物に関する権利
 拾った物件の落とし主が3か月経ってもわからない場合、その物件は拾った人のものとなります。ただし、携帯電話、カード類などの個人情報が入った物件を除きます。

落とし物、拾い物の受け付け
落とし物、拾い物の届出の受理は警察署会計課窓口で行っています。 
平日の午前8時45分から午後5時30分まで 
上記以外の時間帯は警察署当直で24時間受け付けています。
各交番では24時間受け付けています。

 遺失物に関する法律である遺失物法について紹介します。 詳しくはこちら

問い合わせ先 室蘭警察署会計課 代表電話(0143)46-0110

会計課のページへ戻る このページのトップへ戻る

当サイトに掲載する写真、イラスト及び記事等の転載を禁止します。