札幌方面室蘭警察署ホームページ
 ホーム  各課ご案内  刑事第一課  大切な自転車やバイクを盗難から守るために!

大切な自転車やバイクを盗難から守るために!



 二輪車の施錠は『ツーロック』が基本です!
 中古自転車を購入したり、譲り受けた場合も忘れずに防犯登録しましょう!



 最近では自転車の値段が安くなったためか、持ち主の防犯意識が薄れ、また、盗む人間の罪悪感も薄れているようです。
 昨年の当署の刑法犯の受理総数は801件で、そのうち自転車盗難は89件となっております。
 持ち主の皆さん、次のアドバイスを忘れないようにして大切な自転車などの乗り物を盗まれないようにしましょう!  


《種類の違う鍵でツーロック》

 ちょっと離れる時や自宅前の駐輪でも盗難に遭うかもしれません!面倒と思わずに必ずツーロックをしましょう。
   
 スーパーやコンビニなどで買い物をしたり、友だちの家に行った時など、自転車からほんの少しの時間離れている間に、自転車が盗まれてしまうことがあります。 自宅周辺での駐輪も例外ではないので、面倒と思わず必ず鍵をかけましょう!
 自転車に備え付けの鍵以外にも、U字型やワイヤー型の丈夫な鍵を付けるなど、『ツーロック』にして盗難被害から守りましょう。  
 
 オートバイを置いて離れるときは、短時間であっても必ずエンジンキーを抜き、ハンドルロックをしましょう。さらに、タイヤに頑丈なワイヤー錠やU字ロックなどの金属製の錠を用いて、車輪を回転できないようにすることが大切です。


《必ず防犯登録を行う》

   自転車の防犯登録は視覚的な盗難防止の効果があり、万が一被害にあったときの早期回復につながります。  
     
 
 自転車の利用者は、法律で「自転車防犯登録」が義務づけられています。
 防犯登録が貼られている自転車は、盗もうとする者に視覚的効果を与えます。
 盗難に遭ってしまった場合は、被害自転車の早期発見やスムーズな返還につながります。
 
 登録方法は、自転車販売店、ホームセンターなどで申込みしましょう。 ただし登録料は有料です。
 
 
 「盗まれたらまた買えばいい・・」という考えはいけません! 
 防犯登録もせず警察への盗難届も出さないと、盗まれた自転車が持ち主不明のいわゆる「放置自転車」となり、地域に迷惑を及ぼします。乗り捨てられた自転車が放置されたままになると、更に盗まれたり、ひったくりなど別の犯罪に使われる可能性もありますので、必ず警察へ盗難届を出しましょう!
  


《駐輪する場所に注意する》

  路上にはとめず、サイクルラックなどがある駐輪場を利用しましょう。
 自宅や学校でも油断は禁物です。
   鍵をかけていても、人や車の通りが少ない路上にとめると、盗まれる可能性が高くなります。
 コンビニやスーパーなどに自転車をとめる際は、サイクルラックやパイプなどの固定物がある場合、車体をワイヤー錠などで固定(※このような施錠方法が許可されている場所に限ります)すると盗難防止の効果は一層高まります。
 安全と思える自宅の敷地や学校の駐輪場でも、盗まれることが少なくありません。駐輪するときは、とめる場所をよく選んで忘れずに鍵をかけることが大切です。


【お問い合わせ先】
  室蘭警察署刑事第一課
     代表電話 0143-46-0110
   

刑事第一課のページへ戻る

当サイトに掲載する写真、イラスト及び記事等の転載を禁止します。